キャットフードを冷凍保存する方法!上手な解凍方法のコツを伝授!

猫ちゃんの健康のためにグレインフリーのキャットフードを食べさせてあげたくても、大抵は1袋が大袋のため、食べきれないんじゃないかと気になりますよね?

しかし、キャットフードは冷凍保存することが出来ます!

正しい方法で冷凍して解凍することが出来れば、猫ちゃんにいつも新鮮なフードをあげられるんです♪

そこで今回は、キャットフードを冷凍保存する方法と上手な解凍方法のコツをお話ししていきます。

スポンサーリンク




キャットフードを冷凍保存すると酸化が防げる!?

考える猫

ドライキャットフードは封を開けた瞬間からどんどん酸化していってしまいます!

酸化とは、キャットフードが空気(酸素)に触れることにより性質が変化してしまうことなんですね~。

特にドライキャットフードは脂質が多いので、酸化しやすいというワケなんですね。

それじゃあ、封を開けなければ酸化することはないの?と思うかもしれませんが、それは違います。

基本的にドライキャットフードは未開封であれば1年間の賞味期限がありますが、決して酸化しないというわけではないんです。

 脂肪分が酸化したキャットフードを猫ちゃんが食べてしまうと、悪玉コレステロールが増えてしまいます。

そのため、人間と同じように血液がドロドロになり動脈硬化が起こったり、ガンの原因になったりすることもあるので注意が必要です。

この酸化を防ぐためにも正しい保存方法を知ることが大切なんです(^^)/それが冷凍保存というわけですね♪

スポンサーリンク





キャットフードを冷凍保存する方法はとっても簡単

冷凍庫と女性

それでは早速ドライキャットフードを冷凍保存する方法をご紹介します(*^_^*)

キャットフードはジップロックなどの袋に1~3食分の小分けにして入れておきます。このとき真空パックできると尚良いです。


●アイリスオーヤマ 真空保存フードシーラー VPF-385T【アイリスオーヤマ/真空パック/密閉容器/真空パック器/真空保存】 SS10◆2

何種類かのフードをローテーションで与えているときは、それぞれの名前を袋に記載しておくのを忘れないようにしてくださいね~。

これをそのまま冷凍庫に入れればOKです。簡単ですよね?冷凍保存したフードは約3ヶ月持ちます。

ウェットフードは冷凍できるのか?

こちらの記事では主にドライキャットフードを冷凍する方法をご紹介していますが、ウェットキャットフードも冷凍保存することは出来ます。

ただし、生ものですのでやっぱり味が落ちてしまう可能性が高く猫ちゃんの食いつきが悪くなることが多いためあまりおすすめしていません。

ウェットキャットフードは基本的にその日に食べきるように与えてください。

ドライキャットフードの解凍方法のコツとは?

キャットフードを冷凍してせっかく酸化を防ぐことが出来ても、肝心の解凍するときに上手にしないと劣化することもあるので意味がありません。

もっともベストな方法は、食べる前日に冷凍庫から出したキャットフードをそのまま冷蔵庫に移す。それから常温に移す方法です。

冷凍するのはとっても簡単ですが、毎日これをするのかと思うと解凍方法はちょっと面倒だと思うかもしれませんね(笑)

それでも大袋を買ってしまった場合は、そのまま置いておくよりもやっぱり冷凍保存した方がいいでしょう。

正しい方法で解凍すれば、フードを開封したばかりの風味のまま猫ちゃんに食べさせられます。

新鮮なキャットフードを猫ちゃんに食べさせてあげるためにも、このくらいの手間は惜しまないようにしてくださいね!

私は主人のお弁当の材料を冷凍庫から前日に出すついでに、フードも一緒に出すようにしています。

そして翌日の朝一で常温に移せばバッチグーです(^_^)v

キャットフードを冷凍保存したとき常温で解凍してもいいの?

キャットフードを解凍するのにベストな方法は、前日に冷蔵庫に移し、当日に常温に移すという方法だとわかりました。

でも、ちょっと面倒だから冷凍庫からいきなり常温に移したらダメなの?と思いますよね?

しかしこれはやめてください!

冷凍庫からいきなりキャットフードを常温に出すと、袋の中に結露が出来てカビの原因にもなり腐敗が進んでしまいます。

何より風味が落ちてしまいますので、せっかく上手に冷凍保存したのにこれじゃ意味がないですよね?

キャットフードを解凍するのに電子レンジを使ったらダメ?

電子レンジの使用は、電磁波などの問題で人間の食べ物でも賛否両論がありますよね。

冷凍保存したキャットフードを電子レンジで解凍してしまうと、猫ちゃんに必要な栄養素が壊れてしまうことがあります。

特に水溶性ビタミン(ビタミンB、C)は熱に弱い上、毎日外から摂らないといけない栄養素なので、これを壊してしまうのは危険です。

冷凍保存して風味を保っているのにも関わらず、電子レンジを使ってしまうと風味もニオイもなくなってしまいます。

猫ちゃんは美味しい食べ物かどうかをニオイで嗅ぎ分けますので、ニオイがなくなってしまえば食いつきが悪くなってしまうでしょう。

まとめ

ドライキャットフードの冷凍保存の方法と、解凍方法のコツをお話ししてきましたがいかがでしたか?

フードは小分けにして冷凍保存するだけなので簡単です。しかし、正しく解凍しないと風味が落ちてしまうことがわかりましたよね。

こうやって見てみると、ちょっと手間がかかるように思われるかもしれません。

でも、大切な猫ちゃんの健康のためです!愛情をたっぷりかけて手間暇を惜しまないようにしたいものですね。

当サイトおすすめキャットフード

猫ちゃんの育て方や困った癖を治したい!猫ちゃんの気持ちを詳しく知りたいあなたは、飼い主さんのお悩みもこれで解決!ヒトと猫の生活情報誌【ねこのきもち】を読んでみると、たくさんの画像付きでお勉強出来ちゃいます♪

付録の猫グッズは、どれも猫ちゃんに大人気で、ハズレがないと評判です!

ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

PAP_0048
愛猫リンはこのキューブが物凄くお気に入り♪ 

他にもブラシやおもちゃ、猫マットなどなど…猫の習性や大好きなものを研究しつくしたかのようなグッズが付録についてきます!

猫ちゃんがドライフードを残すときにはこの対策法で!